Continuous integration icon

早めのテスト、手軽なコラボレーション、こまめなデプロイ

現在、最も魅力的で最先端を行くアプリケーションは、最新の開発手法に従って構築され、デプロイされています。このような手法には、開発者の生産性や効率性、開発速度を向上させるだけでなく、アプリケーションの品質を高めるように最適化されたプロセスやワークフローが組み込まれています。現在、アジャイル開発手法と分散バージョンコントロールシステムの採用は広がりを見せていますが、これらを補うために、チームのアプリケーションリリースプロセスを効率化する新しい手法として、継続的デリバリー(CD)が登場しました。

継続的デリバリーの特徴としては、短いリリースサイクル、自動化、ソースコードリポジトリへの直接接続などが挙げられます。また、チームが本番環境のアプリケーションを、すばやく、安全に増分アップデートできるように設計されています。CD プロセスが成功すると、組織のテクノロジー、関係者、文化の足並みが揃い、デプロイが効率化され、アクティビティが自動化されます。また、企業やエンドユーザーには、新しい機能の配信が早まり、アプリケーションの品質が上がるというメリットがあります。

継続的デリバリーをもっと知ろう

基本

継続的デリバリーの習慣を確立させるには、設定管理、継続的インテグレーション、テストの自動化が欠かせません。

詳細情報 >>

メリット

継続的デリバリーを実践すると、品質の高いアプリケーションを迅速に開発できるようなります。これは、エンジニアリング組織、エンドユーザー、事業のステークホルダーすべてに良い影響をもたらします。

詳細情報 >>

成功要因

継続的デリバリーを組織の習慣として確立し、チーム内の個人に必要な習慣とマインドセットを育成する上で役立つベストプラクティスがいくつかあります。

詳細情報 >>

実際にご覧ください

ブランチとマージを軸とした基本的なワークフローにより、複数の開発者が各自のコードブランチで作業し、変更点を共有して、マスターへシームレスにマージできるようになります。

詳細情報 >>

Heroku での継続的デリバリー

Heroku の開発チームは、継続的デリバリーワークフローをプラットフォームエクスペリエンスに一体化した統合環境とツールキットを使用しています。

詳細情報 >>

  • 当社では Heroku Pipeline をリリースと同時に使い始め、今ではあらゆるマイクロサービスの継続的デリバリーに活用しています。

    ZeroCater Rob Adams ZeroCater 社エンジニアリングマネージャー お客様事例を読む >>
  • Heroku Pipelines によって私たちの小さいチームの生産性は向上しました。それぞれのプルリクエスに Review App が生成されるので、同一のアプリについて、全ての開発者はそれぞれのテスト環境で、お互いの干渉がずっと少ない状態で、取り組むことができます。

    The Information Jane Philipps The Information 社エンジニア