チームによるアプリ配信を効率化

ほとんどのアプリでは、良質なユーザーエクスペリエンスや優れた機能を実現するため、複数の開発者が共同で作業しています。しかし、リリースのプロセスが煩雑だと、チームが最大限のパフォーマンスを発揮できなくなることもあります。

Heroku はクラウドベースの PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)で、効率的にアプリの開発、デプロイ、管理を行えます。このプラットフォームでは、アプリのデプロイや運用に伴う面倒な作業が不要なため、継続的デリバリーをはじめとする最新式のコラボレーション手法で、高度なアプリを手早く簡単に開発できます。

チームでのアプリ開発に最適

Heroku は柔軟性が高いため、チームの各メンバーが任意の言語やフレームワーク、使い慣れたツールを利用してカスタムアプリを開発できます。アジャイル開発や継続的デリバリーにも対応できるわかりやすいワークフローに従うだけで、アプリの開発のみならずデプロイも迅速に行えます。Heroku Teams にはほかにも、コラボレーションツールや管理ツールが用意されているため、アプリやプロジェクトの管理の効率化も実現します。

スピーディにアプリを提供

Heroku プラットフォームでは、アプリを必要に応じて何度でも簡単にデプロイできます。このプロセスは自動で高速に進めることが可能であるため、チームが開発に専念できる時間が増加します。

CI/CDに最適

Heroku の各種機能を備え、継続的インテグレーション継続的デリバリー用にわかりやすく体系化されたワークフローを使えば、早い段階でテストを重ね、何度もデプロイできます。

使いやすいコラボレーションツール

GitHub リポジトリと Heroku を連携させてコードの配信パイプラインをリアルタイムで詳細に可視化したり、即席の レビューアプリ 環境を作成して手早くテストと承認を行ったりできます。

場所は不問

社内にいるメンバーでもリモートのメンバーでも、開発ブランチでチームの全員が並行して機能を開発し、共同で更新プログラムのテスト、チェック、デプロイに取り組むことができます。

多言語対応プラットフォーム

Heroku は標準で人気の開発言語 とフレームワーク 8 種類に対応していますが、Heroku ビルドパックを使えば、ビルドシステムを拡張し、さらに多くの言語やカスタマイズに対応できます。

開発、運用タスクを省略

フルマネージドプラットフォームであり、稼働時間やパフォーマンス、インフラストラクチャに関する問題の監視は Heroku のスタッフが担当します。このため、チームがハードウェアやアプリの管理に神経を使う必要がなくなります。

チーム作業のための機能が充実

Heroku には、継続的デリバリーのための優れたワークフローが用意されています。開発チームの共同作業を促進し、イテレーションがすばやく行えるようになるため、開発するアプリの品質が高まります。以下のページで Heroku の各種機能の詳細をご確認ください。

Heroku Flow

Heroku Flow には、開発からステージング、運用までのあらゆる段階でコードの配信ののスケジューリング、サポート、視覚化に役立つツールが揃っています。GitHub との連携Heroku Pipelineレビューアプリ を使えば、CI と CD が視覚化されて管理しやすくなるため、メンバー全員が活用できるようになります。その結果、リリースの配信にこれまで以上のスピードと頻度が実現します。

詳細情報 >>

Heroku Teams

Heroku Teams は、アプリ開発プロジェクトのチーム、プロセス、請求を一元管理できるツールです。アプリ単位で権限を割り当てて細かく管理できるほか、各種のコラボレーションツールやワークフローを使えば継続的デリバリー継続的インテグレーションが実現し、リリースの頻度や品質を改善できます。

詳細情報 >>

Heroku の運用環境

Heroku の運用環境では、使いやすいツールでアプリの状態を監視、管理できるようになっています。スタック下位のコンポーネントはいずれも、Heroku プラットフォームによって管理されます。そのため、チームがハードウェアやインフラストラクチャの問題に悩まされることなく、アプリの開発と運用に専念できます。

詳細情報 >>

  • Heroku Teams は、小規模なチームの管理に最適です。アプリ開発の共同作業が簡単にできるうえ、請求内容をシンプルなインターフェイスで管理できるからです。

    ZeroCater Rob Adams ZeroCater 社エンジニアリングマネージャー お客様事例を読む >>
  • Heroku へのデプロイは手早く簡単に行えます。当社のチームは、週に 50 ~ 100 回は運用環境にアプリをデプロイできるようになりましたが、これはエンジニアが 10 人しかいないチームであることを考えると驚異的なことではないでしょうか。

    Everlane Danny Greg Everlane 社エンジニアリング担当ディレクター お客様事例を読む >>
  • Heroku のレビューアプリは、私たちのデプロイプロセスに欠かせない機能です。エンジニアリングチーム、製品チームの両方が、コードやユーザーエクスペリエンス全般のテストにこの機能を利用しています。

    charity: water Matthew Eckstein charity: water エンジニアリング担当 VP お客様事例を読む >>
注目のブログ記事

Lean Poker ではいかにして Heroku を使った継続的デプロイを教えているか

継続的デプロイと無駄のないスタートアップ手法について教授することを目的とした競争形式のコーディングイベント、Lean Poker の考案者である Rafael "Ord"og 氏に、技術面の話を聞かせてもらいました。

記事を読む >>