アプリケーション関連の指標

アプリケーション関連の指標は問題の特定、調査、診断に役立ちます。応答時間、スループット、エラー、dyno 負荷、メモリなど、アプリの健全性に関わるさまざまな要因を 1 つの時間軸で確認できるので、各要因の相関関係の把握に便利です。アプリケーション関連の指標はすべての有料 dyno で利用でき、Heroku ダッシュボードで確認できます。 詳細はこちら >>

しきい値アラート

しきい値アラート機能では、web dyno の応答時間の 95 パーセンタイルの上限と、失敗したリクエストの割合を指定でき、これらのしきい値を超えた場合はアラートが発行されます。通知の方法としては、E メール、PagerDuty、およびダッシュボードでの表示に対応しています。しきい値アラート機能は Professional dyno または Private dyno で実行しているアプリで利用できます。 詳細はこちら >>

自動スケール

自動スケール機能は、応答時間の 95 パーセンタイルが一定のしきい値を超えた場合に、既存のスループットにもとづいてアプリの web dyno の数を増やす機能です。自動スケール機能を使えば、トラフィックの急増を心配する必要がなくなります。Performance dyno と Private dyno では追加料金なしで自動スケール機能を使用できます。 詳細はこちら >>

統合ログ

ダッシュボード内またはコマンドラインインターフェース(CLI)でアプリのログを確認すると、イベントやエラーの内容を詳細に把握できます。Elements マーケットプレイスのログ記録用アドオンのいずれかを使用してログを収集すると、情報の長期保存、検索、フィルタリング、トラブルシューティングなどが可能になります。 詳細はこちら >>

アプリ Web フック

アプリ Web フックを使用して特定のイベントを登録すると、Heroku アプリに変更があったときに通知を受け取ることができます。Web フックを使用すれば dyno フォーメーションの変更やアプリのリリースなどの変更を運用ワークフローに取り入れることができます。 詳細はこちら

Heroku Exec

Heroku Exec を使用すれば実行時に SSH 経由で dyno に接続してデバッグを簡単に行えます。Exec では dyno からファイルをコピーしたり、ローカルポート転送を使用してリモートデバッガーをアタッチしたり、一般的な Java デバッグツールを利用したりすることができます。 詳細はこちら >>

ランタイム関連の指標

言語ランタイム関連の指標では、ヒープメモリ、非ヒープメモリ、ガベージコレクションアクティビティなど、言語固有の主要なパフォーマンス指標が表示されるので、アプリのパフォーマンスに関する問題の根本原因を詳しく分析できます。 詳細はこちら >>

Heroku の運用担当者向け機能の紹介
00:0000:00
アプリの状態の可視化

アプリ関連の指標は最大 7 日間保持できるので、さまざまなトレンドを把握し、アプリの異常をすばやく発見することができます。また、言語ランタイム関連の指標や Exec を利用するとさらに詳細な情報を入手できるので、パフォーマンスのボトルネックが生じている根本原因をピンポイントで特定できます。

問題の自動通知

アプリの状態は Heroku が常に確認しているので、お客様自身で監視する必要はありません。web dyno の応答時間やエラー率が指定されたしきい値を超えると、Heroku から通知が届きます。また、Web フック通知を使用すれば、アプリの変更をカスタムワークフローに簡単に取り入れることができます。

スムーズなスケール

遅延が設定したしきい値を上回ることのないように web dyno の数が自動で調整されるので、トラフィックの急増に絶えず目を光らせる必要はありません。

パフォーマンス調整のガイダンス

言語別アプリケーションガイダンスなどの機能を活用すると、アプリの問題をすばやく発見して修正することができます。

追加料金不要

Hobby dyno またはそれ以上のレベルの dyno では、追加料金を負担することなく指標機能を利用できます。dyno のレベルが高くなるほど、高度な機能を利用できるようになります。

容易なデバッグ

言語ランタイム関連の指標を使用すると、アプリでメモリリークが発生した場合に簡単に診断を行えます。その後、Heroku Exec で実行時の dyno に直接接続すれば、根本原因を突き止められます。

  • Heroku を使えば運用が非常にシンプルになるので、Heroku でできることは全部 Heroku で済ませるようにしていきたいと考えています。

    LendUp Jake Rosenberg LendUp 社 CTO お客様事例を読む >>
  • Heroku の自動スケール機能を利用してトラフィックの急増に対応できるようになったので、アプリを監視やスケールを手作業で行う必要がなくなりました。

    Alpine Lab Michael Baudino Alpine Lab 社創業者
  • Heroku プラットフォームはメンバーが別々の場所で活動するチームのワークスタイルにぴったりです。各チームメンバーがそれぞれのタイミングでアプリを管理したり監視したりすることができるほか、各種の自動化機能を利用できるため、特定のチームメンバーがオフラインになっていても支障なく業務を継続できます。

    Calorie Cloud Troy Hickerson Active for Good 社共同創業者 お客様事例を読む >>

ポッドキャスト

アプリケーションの運用の合理的なアプローチと、Heroku の自動スケールについて

2017 年 2 月 28 日に開催された Software Engineering Daily の模様をポッドキャストでお聞きください。

このポッドキャストでは、Heroku で運用エクスペリエンスエンジニアを務める Andrew Gwozdziewycz が、アプリを正常な状態に保つことの重要性や Heroku の指標プラットフォームのアーキテクチャのほか、Heroku の指標がどのようにして自動スケールの基盤になっているかについて語っています。